請求書・通知書アウトソーシングの利用をおすすめする企業

2019年9月13日

請求書・通知書アウトソーシングの利用をおすすめする企業とは

請求書・通知書のアウトソーシングを導入することで、請求書の作成から相手先に発行するまでをまかなうことができます。しかし、アウトソーシング導入が全ての企業に適応するわけではありません。導入したことが裏目にでてしまう場合もあります。

アウトソーシングは以下の条件にあてはまる企業におすすめのサービスです。

請求書・通知書アウトソーシングをおすすめする条件

▼請求書を毎月100~200枚以上発行している

請求書の発行が継続的に100~200枚以上ある場合には、請求書・通知書のアウトソーシングを導入をおすすめします。

▼請求書の締日が月に数回存在する

請求書の締日が5日・15日・25日など月に数回存在する場合は、締日に追われ負担になることもあり、アウトソーシングの導入をおすすめします。

▼とにかく請求書の発行を外注したい

請求書の作成から発行までの業務をまるごと外注したい場合には、アウトソーシングの導入をおすすめします。

▼請求書の発行がコア業務に影響を与えている

請求書の作成・発行業務に追われ売上に直接つながる業務が疎かになっている場合には、アウトソーシングの導入をおすすめします。

▼請求書の他に支払通知書の発行を考えている

信頼性を高めるために、請求書の他に支払通知書の発行をお考えの場合には、アウトソーシングの導入をおすすめします。

▼残業時間を減らしたい

働き方改革によって残業時間に上限が設けられ、業務が回らない、社員の負担を減らしたいとお考えの場合にはアウトソーシングの導入をおすすめします。

▼請求書をはじめとする帳簿を電子化したい

印刷や用紙、郵送のコスト削減を実現したい、ペーパーレス化を目標に請求書をはじめとする見積書、支払明細書の電子化をお考えの場合には、アウトソーシングの導入をおすすめします。

【無料】3分でわかる!帳票電子発行ソフト「楽楽明細」資料ダウンロードはこちら>>>

  • 資料請求

    3分でわかる!
    「楽楽明細」の製品詳細資料をプレゼント。

  • お問い合わせ・無料トライアル

    機能やコストシミュレーション、導入事例など、お気軽にお問い合わせください。
    実際に操作して体験できる無料トライアルのお申し込みもこちらから。

  • お役立ち資料ダウンロード

    コスト削減や、業務改善の実践的なガイドブックを無料でダウンロードできます。