領収書の印鑑や角印は必要?

2019年10月3日

領収書に印鑑を押すことは、法律上定められていません。それなのに、発行される多くの領収書には印鑑が押されています。この現状を、「なぜ領収書に印鑑が押されているのか?」と疑問に思う人もいるでしょう。
今回は、領収書になぜ印鑑が押されているかについて詳しく説明します。

領収書に印鑑が押されている理由

日本は先進国で唯一と言っていいほど、数少ない印鑑を活用する国です。アメリカではサインが主流となっていますが、日本には印鑑文化が根付いています。法律上定められてはいませんが、日本では「公式に発行された文書の証」「領収書の改ざん防止対策」という意味で今でも印鑑が押されています。

印鑑の種類は?

領収書に押印する印鑑の種類は、法律上定められていません。しかし一般的には「角印」が主流となり、領収書の多くには角印が押されています。

角印とは?

角印とは正方形の形をした印鑑のことを指します。法人の印鑑登録を行う、法的効力を持つ印鑑(実印)の形は、大判の丸型が主流です。その実印と区別をつけるために、領収書に押す印鑑は正方形の角印が広く活用されています。

角印と実印の区別をしよう

角印を用意していないにもかかわらず、領収書を作成することになってしまった場合、やむを得ず領収書に実印を押しても法律上は問題ありません。しかし、実印は法的効力を持つ印鑑であるため、第三者が手にする文書などに乱用することはお勧めできません。出来る限り、「領収書に押す角印(認印)」と「契約時などに押す実印」は区別しましょう。

3分でわかる!請求書発行システム楽楽明細資料はこちら>>>

  • 資料請求

    3分でわかる!
    「楽楽明細」の製品詳細資料をプレゼント。

  • お問い合わせ・無料トライアル

    機能やコストシミュレーション、導入事例など、お気軽にお問い合わせください。
    実際に操作して体験できる無料トライアルのお申し込みもこちらから。

  • お役立ち資料ダウンロード

    コスト削減や、業務改善の実践的なガイドブックを無料でダウンロードできます。