2023年12月末に宥恕期間終了となる電子帳簿保存法
「対応済み」の企業は24.3%に留まる

2023年5月10日
株式会社ラクス

クラウド型経費精算システム「楽楽精算」、電子請求書発行システム「楽楽明細」をはじめとした「楽楽シリーズ」を提供する株式会社ラクス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:中村崇則、以下ラクス)は、全国の経理担当者937人を対象に電子帳簿保存法「電子取引データの保存」に関する調査を実施しました。

電子帳簿保存法の対応状況

「電子帳簿保存法に則して運用している」※2と回答した企業は24.3%。
2022年12月同調査から2.4ポイントアップも微増に留まる

電子帳簿保存法についての対応状況を伺ったところ、「電子帳簿保存法に則して運用している」※2と回答した企業は24.3%に留まりました。2023年12月末に電子取引データの電子保存義務の宥恕期間終了※1が迫るなか、前回2022年12月に実施した同調査結果の21.9%から2.4ptの微増と、いまだに企業の対応が進んでいないことが明らかになりました。

低い対応進捗率に対して、電子帳簿保存法に則して運用することで、業務効率化につながる認識はあり

電子帳簿保存法への対応は済んでいない企業に対し、仮に電子帳簿保存法に則して運用した場合、業務効率化につながると思うかを調査したところ、 “効率化されると思う・少し効率化されると思う”という回答が40.2%、“効率化されないと思う・あまり効率化されないと思う”という回答が29.2%と、肯定派が否定派を11pt上回りました。
また、すでに電子帳簿保存法に則して運用していると回答した企業は“効率化された・少し効率化された”という回答が56.6%、“効率化されていない・あまり効率化されていない”という回答が22.8%と、未対応企業同士の比較よりも大きな差が開く結果になりました。

電子帳簿保存法の対応における業務効率化への認識

電子取引データの電子保存義務の宥恕期間終了※1に向けて企業側が求められる要件を「楽楽シリーズ」で解決

電子帳簿保存法の運用により業務効率化が期待される一方で、電子保存を行う際は、原則、保存要件※3を満たす必要があります。企業は電子取引データの発行・受領どちらの場合においても保存要件※3に従って保存できる体制や仕組みを再構築し、不備や不正に対するリスク対策を求められますが、保存要件※3を満たした機能を備えたシステムを導入することで対策も可能。電子帳簿保存法対応社数NO.1※4の「楽楽精算」をはじめとした「楽楽シリーズ」は電子帳簿保存法に対応するシステムを提供しています。

*1:令和5年度の税制改正大綱にて、電子取引の保存に関する猶予措置が発表されました。詳しくは国税庁の発表をご確認ください。(2022年12月16日時点の情報です)
*2:電子帳簿保存法に則した運用の調査項目は、「電子取引データの保存」の対応有無についての項目となります
*3:国税庁 電子帳簿保存時の要件 https://www.nta.go.jp/law/joho-zeikaishaku/sonota/jirei/05.htm
*4:デロイト トーマツ ミック経済研究所「クラウド型経費精算システム市場の実態と展望」(ミックITリポート2022年9月号:https://mic-r.co.jp/micit/)より

累計導入社数12,000社突破!クラウド型経費精算システム「楽楽精算」

「楽楽精算」は、交通費、旅費、出張費など、経費にかかわるすべての処理を一元管理できるクラウド型の経費精算システムです。「社員が申請⇒上司が承認⇒経理担当者の精算処理」という一連のワークフローをすべて電子化することで、業務効率の改善や、人的ミスの防止を実現します。2022年12月時点で、累計導入社数12,000社を突破しました。また、「紙に縛られない働き方プロジェクト」を推進し、業務のデジタル化による企業の「生産性向上」と「紙に縛られない柔軟な働き方の選択肢」の実現を支援しています。

「楽楽精算」製品サイト:
https://www.rakurakuseisan.jp/
「紙に縛られない働き方」特設サイト:
https://contents.rakus.co.jp/paperless/

楽楽精算

電子請求書発行システム「楽楽明細」/電子帳簿保存システム「楽楽電子保存」

電子請求書発行システム「楽楽明細」は、請求書、納品書、支払明細などの帳票をWEB上で発行するクラウド型のシステムです。帳票データを「楽楽明細」にアップロードするだけで、取引先に応じて「WEB」「メール添付」「郵送」「FAX」のいずれかの方法で自動発行が可能で、請求書発行において手間のかかる「印刷・封入・発送」の作業をゼロにできます。「楽楽明細」累計導入社数が2023年4月時点で6,000社を超え、「楽楽明細」で受け取った電子請求書等の帳票を電子帳簿保存法の保存要件に対応した形で電子保存・一元管理をすることができる「楽楽電子保存」も提供しています。

「楽楽明細」製品サイト:https://www.rakurakumeisai.jp/

楽楽明細

調査概要

調査対象: 経理・財務・会計担当者
調査地域: 47都道府県
調査期間: 2023年3月17日~3月26日
調査方法: インターネットリサーチ
有効回答数: 937サンプル
回答者の所属する
企業の従業員規模:
30名~1,999名
回答者の所属する
企業の業種:
建設、不動産、素材・素材加工品、機械・電気製品 食品、中間流通、運輸サービス、
広告・情報通信サービス、消費者サービス、法人サービス

※当データ使用の際はクレジット記載をお願いいたします。
※本調査結果内で使用しているグラフは、小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計した数字が100%にならない場合があります。

■会社概要

社名  :  株式会社ラクス
所在地  :  東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-5 リンクスクエア新宿
設立  :  2000年11月1日
資本金  :  3億7,837万円
代表者  :  代表取締役 中村崇則
事業内容  :  クラウドサービス事業
会社HP  :  https://www.rakus.co.jp/

本件に関するお問い合わせ先

株式会社ラクス
楽楽クラウド事業本部 マーケティング統括部

担当者  :  広報/PR
E-mail  :  rakuraku_crossmkt@rakus.co.jp 

掲載のデータは発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
文中の会社名、製品名等は各社の商標または登録商標です。

CM動画・PR動画を公開中!

  • CM動画

    楽楽明細 TVCM 「楽楽明細「障害物レース」篇 30秒」
  • 30秒で分かる!楽楽明細

    WEB請求書発行システム「楽楽明細」WEB動画広告

おかげ様でラクスグループのサービスは、のべ67,000社以上のご契約をいただいています(※2023年3月末時点)。「楽楽明細」は、株式会社ラクスの登録商標です。

本WEBサイト内において、アクセス状況などの統計情報を取得する目的、広告効果測定の目的で、当社もしくは第三者によるクッキーを使用することがあります。なお、お客様が個人情報を入力しない限り、お客様ご自身を識別することはできず、匿名性は維持されます。また、お客様がクッキーの活用を望まれない場合は、ご使用のWEBブラウザでクッキーの受け入れを拒否する設定をすることが可能です。

プライバシーマーク
ISMS認証マーク
JIIMA認証マーク
3分でわかる!「楽楽明細」資料プレゼント