「楽楽明細」が「奉行クラウドConnectPartner制度」に参画
~販売管理システム「商奉行クラウド」とのAPI連携が可能に~

2020年7月30日
株式会社ラクス

株式会社ラクス(以下ラクス、本社 東京都渋谷区、代表取締役社長 中村崇則)は、株式会社オービックビジネスコンサルタント(以下「OBC」、本社 東京都新宿区、代表取締役社長 和田成史)が提供する「奉行クラウドConnectPartner制度*1」に参加し、OBCの提供する販売管理システム「商奉行クラウド」と、WEB請求書発行システム「楽楽明細」のAPI連携機能を、2020年7月より提供開始することをお知らせします。

一般的に、システム同士のAPI連携は、個別にプログラムを作成したり、別途連携ツールを購入しなければならない等、ユーザーへ負担がかかってしまうものでした。今回の連携によって、「奉行クラウドコネクタ*2」と、「楽楽明細」のAPIオプション*3を申し込んでいるユーザーについては、特別な費用負担やプログラム作成の必要なく、「商奉行クラウド」で作成された請求データが「楽楽明細」に自動的に連携されるようになります。
これにより、ユーザーは「楽楽明細」への請求データの取り込み作業をすることなく、取引先へ請求書を発送出来るようになります。

▼連携イメージ

連携イメージ

■「奉行クラウドConnectPartner制度」参加の背景

ラクスは、「IT技術で中小企業を強くします。」というミッションを掲げ、業務の効率化や企業の発展を図るためのサービスは、その導入や運用もスムーズでなければならないという考えのもと、WEB請求書発行システム「楽楽明細」や経費精算システム「楽楽精算」などのクラウドサービスを44,000社以上のお客様に提供してきました。この度の「奉行クラウドConnectPartner制度」への参加によって、多くのユーザーを抱える奉行クラウド製品との連携を実現することとなりました。

ラクスは、今後も各種販売管理システムとの連携を進め、経理担当者のさらなる生産性向上に貢献してまいります。

*1 奉行クラウドAPIを活用した連携ビジネスを実現する新しいパートナーシップ
参考:https://www.obc.co.jp/partner#app

*2 OBCの奉行クラウド製品と外部サービスとの自動連携サービス
参考:https://www.obc.co.jp/bugyo-cloud/apiservice

*3 「楽楽明細」の有料オプション

■「商奉行クラウド」について

受注・発注などの業務はもちろん、従業員による販売情報の確認など、会社のみんなでテレワークができるクラウド販売管理システムです。販売管理業務をフルカバーし、消込処理だけで入金/支払伝票を自動作成できるなど、充実した機能により業務生産性を大幅に向上できます。
公式サイト:https://www.obc.co.jp/bugyo-cloud/akikura

■お問い合わせ先

担当:株式会社ラクス 楽楽明細事業部 間所

TEL:03-6675-3623

Mail:rakurakumeisai@rakus.co.jp

※掲載のデータは発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

  • 資料請求

    3分でわかる!
    「楽楽明細」の製品詳細資料をプレゼント。

  • お問い合わせ・無料トライアル

    機能やコストシミュレーション、導入事例など、お気軽にお問い合わせください。
    実際に操作して体験できる無料トライアルのお申し込みもこちらから。

  • お役立ち資料ダウンロード

    コスト削減や、業務改善の実践的なガイドブックを無料でダウンロードできます。