クラウド型の請求書管理ツールでできることとは?

2019年10月2日

インターネットを活用したクラウド型の請求書管理ツールが誕生し、従来のビジネス形態が変化しつつあります。クラウド型の請求書管理ツールを活用することで、以下の様々な工程を自動化することが可能です。

管理ツールでできること

請求書作成

データを入力、または送信するだけで請求書を作成することができます。

各形式で請求書を発行・送付

企業によって利用できるサービス内容は異なりますが、「楽楽明細」ではWEB・メール(PDF)・郵送の中から選択することが可能です。

請求書発行後の入金管理

入金情報を共有して、入金漏れのないように管理することができます。

売上レポート作成

請求書情報や入金情報を基に売上レポートを作成することが可能です。

顧客管理

セキュリティ対策が施されたシステムで、大切なお客様情報を管理することが可能です。

また、クラウド型の請求書管理ツールを活用することで、以下のような効果が期待できます。

管理ツール活用で期待できる効果

作業効率化の向上

請求書を作成するまでの工程をカットすることができ、作業効率化の向上が期待できます。

コスト削減

通常、請求書を作成するには用紙代や印刷代、封筒代、郵送代などの費用が掛かります。しかしクラウド型なら、WEB上で完結するため、これらの費用をカットすることが可能です。

ヒューマンエラーを未然に防ぐ

テンプレートに1つ1つ情報を手入力する場合には、どうしても記入漏れや誤った情報の入力などヒューマンエラーのリスクを伴ってしまいます。しかしクラウド型の請求書管理ツールを活用することで、こうしたヒューマンエラーを未然に防ぐことが可能です。

売上の向上

請求書管理ツールを活用することでコア業務に専念する環境が整い、売上の向上へと繋げることが出来ます。

3分でわかる!請求書発行システム楽楽明細資料はこちら>>>

  • 資料請求

    3分でわかる!
    「楽楽明細」の製品詳細資料をプレゼント。

  • お問い合わせ・無料トライアル

    機能やコストシミュレーション、導入事例など、お気軽にお問い合わせください。
    実際に操作して体験できる無料トライアルのお申し込みもこちらから。

  • お役立ち資料ダウンロード

    コスト削減や、業務改善の実践的なガイドブックを無料でダウンロードできます。