2019年9月18日

納品書の封筒の書き方

納品書を郵送する際の封筒の書き方をご紹介します。

例:封筒表
  1. 封筒を用意しましょう。納品書が無理なく入るサイズの封筒が好ましく、長形3号のサイズ(120x235)がA4の書類を送る場合に適切なサイズとして幅広く利用されています。
  2. 郵便番号を右上に記載しましょう。枠が設けられている場合には、枠に沿って郵便番号を記載しましょう。枠が無い場合には、郵便マークである〒と郵便番号を記載してください。
  3. 郵便番号から一段落空けて、右上に都道府県から詳細に住所を記載しましょう。
    ※1・・・建物名や階数、部屋番号まで詳細に記載しましょう。
    ※2・・・建物名の文字数が多い場合には番地までを1行目、建物名を2行名から記載しましょう。
  4. 会社名、部署、肩書を詳細に記載しましょう。
    ※1・・・会社名を省略せずに記載しましょう
       誤:(株) → 株式会社
       誤:(有) → 有限会社
       誤:(合) → 合同会社
       誤:(名) → 合名会社
       誤:(資) → 合資会社
    ※2・・・個人名を記載する場合には、「御中」は必要ありません。「御中」と「様」を同時に記載すると二重の敬称となるため、個人名を記載しない場合のみ「御中」を記載しましょう。
  5. 肩書を詳細に記載しましょう。
    ※1・・・肩書が4文字以上になる場合には、名前の上ではなく右側に記載しましょう。
    ※2・・・肩書は詳細に記載しましょう。例えば「部長代理」の場合、「代理」という言葉のイメージから「代理」を省いて記載するべきではと考えがちです。しかし省く必要はなく、肩書は正確に記載してください。
  6. 名前は一番大きく記載しましょう。
  7. 左下には納品書が入っていることが一目で分かるように、「納品書在中」と記載しましょう。
例:封筒裏
  1. 差出人住所、会社名、部署、氏名を記載しましょう。
    ※1・・・行末を揃えましょう。
  2. 封緘日を記載する場合には左上に記載しましょう。

【無料】3分でわかる!帳票電子発行ソフト「楽楽明細」資料ダウンロードはこちら>>>

  • 資料請求

    3分でわかる!
    「楽楽明細」の製品詳細資料をプレゼント。

  • お問い合わせ・無料トライアル

    機能やコストシミュレーション、導入事例など、お気軽にお問い合わせください。
    実際に操作して体験できる無料トライアルのお申し込みもこちらから。

  • お役立ち資料ダウンロード

    コスト削減や、業務改善の実践的なガイドブックを無料でダウンロードできます。